忍者ブログ
ぷるっぷるっぷ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


出典:フリー百科事典
このトピックに関する最新情報については、2009年読売ジャイアンツシーズンをご覧ください。
読売ジャイアンツ
1934年設立

チームロゴ
キャップ記章
メジャーリーグ所属
セントラルリーグ(1936年 - 現在)
現在の制服

退職者数1、3、4、14、16、34

オレンジ、ブラック、ホワイト
              
名前
読売ジャイアンツ(2002 - 現在)
読売ジャイアンツ(1947-2002)
東京ジャイアンツ(1936-1946)
大日本営団野球クラブ(1934-1935)、
他のニックネーム
巨人(巨人?、巨人)
球場
東京ドーム(1988年現在)
後楽園スタジアム(1949-1987)
リーグ優勝
日本シリーズ優勝(21)1951、1952、1953、1955、1961、1963、1965、1966、1967、1968、1969、1970、1971、1972、1973、1981、1989、1994、2000、2002、2009
塩素優勝(33)1951、1952、1953、1955、1956、1957、1958、1959、1961、1963、1965、1966、1967、1968、1969、1970、1971、1972、1973、1976、1977、1981、1983 、1987、1989、1990、1994、1996、2000、2002、2007、2008、2009
日本プロ野球タイトル(9)秋1936年の春、1937年秋1938、1939、1940、1941、1942、1943、1949
所有者(s):読売グループ
担当者:原辰徳
ゼネラルマネージャー:
読売ジャイアンツ(読売ジャイアンツ読売Jaiantsu?)のプロ野球チーム東京都文京区、日本に基づいています。チームは、セントラルリーグの日本のトップの競合層のメジャーリーグ、日本プロ野球、彼らは、東京ドームでは、1988年にオープンした自分たちのホームゲーム。チームも"東京は、英語の言語を押しますジャイアンツ"で、阪神タイガースとオリックスバファローズが、同じように、チームが公式にその企業の所有者の名前で知られていると呼ばれます。チームのオーナーは、読売グループは、2つの新聞やテレビのネットワークが含まれ、メディアコングロマリットです。読売ジャイアンツニューヨークヤンキースの日本の"自分広く人気が、リーグでの過去の優位性は、偏光の効果をファンのため"とは相反する地元のチーム以外にもしばしば激しい嫌悪と感じている(野球のファンとみなされるジャイアンツの、他の一方で、ジャイアンツの地域でも地元のチームとの)多くのファンをしている。
ジャイアンツは、現在の日本のプロ野球の中で最古のチームです。レフティオドール、元メジャーリーグの野球選手、チーム"という名前の東京ジャイアンツ"。読売ジャイアンツの名前と制服のニューヨーク(現サンフランシスコ)ジャイアンツに基づいている。チームの色(オレンジと黒)されている色と同じ色のナショナルリーグのジャイアンツは、ニューヨークとサンフランシスコで着用。ただし、1970年代のジャイアンツのスタイルは、アメリカのジャイアンツの着用に従うことにレタリングの近代化は、チームのユニホームやキャップに様式化された文字ファンシーレタリングジャイアンツで使用するときには、ニューヨークでは1930年代の演奏と似ています。ジャイアンツの主なライバル阪神のチーム、特に関西地方で人気です。
チームは多くのファンから呼ばれ、ニュースの見出しや表の巨人(巨人)は単純に、日本語ジャイアンツ"の"は、通常の企業の所有者の名前、または英語のニックネームの代わりに。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新コメント
[02/17 ELISABETTA28]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R


* Powered by NINJA BLOG * Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]