忍者ブログ
ぷるっぷるっぷ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


地図インドの位置を示す 書き込むには、開始、またはインドの他の記事を表示すると、インドポータルを参照して編集 検索するインドlogo.png 大人のシバル大臣人的資源の開発、インドの 大人のシバル、インドの首相人的資源開発(HRD)のは月曜日80%への入り口の割合を高め、クラスの十の(最終年度)ボード上でセクターは、インド工科大学(IIT)のための彼の改革計画を提示するための会議を開き、試験。 3人の委員会の提案を検討するように設定されました。 シバルは、"現在の基準によると、学生のクラス内の情報技術学院に出演して十60%を確保するため、JEEの必要はありません。これは許容"されていない、と指摘は、現行の基準でのボードの試験では、学生の取得60%以上12番目のクラスの軟情報技術学院の対象とされてJEEのは十分ではありませんし、それが百分の80から85までに発生する。 また、規定は、学生が過小評価の最終年度委員会の試験ではなく、インド工科大学合同入学試験のための大学(IIT - JEEの)準備;指導機関では、入学し、彼らの研究材料に集中するため軟情報技術学院を入力します。彼はこれらの"教育店舗の廃止を望んでいる。" この会議は、これら2つの委員会を設定することを決めた1アニルKakodkar、原子力委員会(委員長)とT. Ramasamy、科学技術部(事務)の他に向かった。第一委員会の最終年度とボードの割合と、2番目かを決定するためにカリキュラムを設定する予定です予定です。 Kakodkar委はまた、どのように指導機関の廃止をどのように進むの研究に大きな重点を置いて軟情報技術学院フィールドを移動することにする計画だ。委員会は、次の6カ月間で報告書を提出する予定です。首相はまた、これらのいくつかは、2010年度から実施される明らかにいくつかの2011年から。 会議はまた、アフリカと南アジア地域協力連合(SAARC)首脳会議の費用として国のための手数料を減らすことが期待された人のインド人を上回っている。評価委員会は、他の国の人がインドで勉強する誘惑に駆られますが、高い手数料のために控えている。 Ramasamy委員会は、次の3カ月間で報告書を提出する予定です。 最後に、会議がノミネートされ独立した階級とパワー軟情報技術学院の活動を確保するために基づいて、取締役会のメンバーと取締役を任命すると発表した。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1

カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[02/17 ELISABETTA28]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R


* Powered by NINJA BLOG * Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]