忍者ブログ
ぷるっぷるっぷ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

接合についての用語"共有原子価"最初は1919年にアーヴィングラングミュアによる論文はアメリカ化学会記事は、原子や分子の電子の"整理"と題するで使用された。ラングミュアは、"我々は長期的共有原子価電子のペアの数を表すものとする書き込みは、その近所の人と、特定の原子の共有"[5]

前に、1919年ギルバートルイスは1916年には原子間の電子対の共有を説明している[6]彼は、いわゆるルイス表記や電子を導入共有結合のアイデアは数年前からさかのぼることができるの表記やルイスドット構造のドット価電子(これらの外側のシェル)は、原子記号の周りのドットとして表されます。電子原子の間にあるペアの共有結合を表しています。複数のペアをダブル、トリプルの債券など、複数の社債を表します。電子ドット表記法のいくつかの例では、次の図に示されています。表現の別のフォームを、ここに示されていない、債券、電子のペアを実線で表さ形成している。
共有結合の初期の概念のメタン分子のイメージのこの種から生まれました。共有結合では、原子間の電子の共有を示してルイス構造で暗示される。

一方、共有電子対のアイデアを共有結合の効果的な定性的な画像を提供し、量子力学、これらの社債の性質を理解するために必要であり、構造と単純な分子の性質を予測する。ウォルターハイトラーとフリッツロンドンの化学結合の最初に成功した、量子力学の説明については、具体的には、水素分子、1927年の[7と信じている]彼らの仕事は、その化学結合が形成されると仮定して原子価結合モデルに基づいているときにが良いの原子参加の原子軌道の間で重複している。これらの原子軌道の間のそれぞれは、その原子価結合モデルは他の正常に結合角を予測することができます特定の角度関係を持つことが知られている

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新コメント
[02/17 ELISABETTA28]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R


* Powered by NINJA BLOG * Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]