忍者ブログ
ぷるっぷるっぷ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


共有結合では、原子間で電子や原子などの共有結合との間のペアを共有することによって特徴付けられる化学結合の形式です。要するに、誘致に反発安定性では、原子の間に形成するときは、共有電子共有結合として知られている[1] 共有結合σ結合、π結合、非金属 - 金属結合、agosticの相互作用は、三中心二電子結合を含む相互作用の多くの種類が含まれている[2] [3]という用語は、共有結合の日付、1939年から。したがって、"共同原子価結合[4]接頭辞を共同で共同して、アクションに関連付けられて度が低いと提携手段等"、本質的に意味の原子を共有する"価"など、原子価結合で説明され理論。分子水素は共有結合を介して、水素原子を共有する2つの電子。共有原子価と同様electronegativitiesの原子の間で最大規模だ。したがって、共有結合は、必ずしも2つの原子が同じ要素のひとつである、だけでは、同等の電気陰性度である必要はありません。ただし、共有結合電子の共有が伴いますが、必ずしも非局在化されていません。さらに、静電相互作用は対照的に("イオン結合")共有結合の強さを多原子分子の原子間の角度関係に依存します。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新コメント
[02/17 ELISABETTA28]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R


* Powered by NINJA BLOG * Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]